(読み)ユウ

精選版 日本国語大辞典の解説

なだま・る【宥】

〘自ラ四〙 なだらかになる。なごやかになる。平穏になる。のどまる。
※太平記(14C後)一二「雨止(やみ)風静て、神忿(かみのいかり)も忽に宥(ナダマ)り給ぬと見へければ」

なだ・む【宥】

〘他マ下二〙 ⇒なだめる(宥)

なだ・める【宥】

〘他マ下一〙 なだ・む 〘他マ下二〙 なだらかにする意。抽象的・精神的な内容に関して用いられる。
① 罪あるいは罪人を、穏やかに取り扱う。寛大な取り扱いをする。許す。
※続日本紀‐宝亀三年(772)三月二日・宣命「兔(ゆる)し賜ひ奈太毎(ナダメ)賜ひて遠流(をんる)の罪に治め賜はくと宣ふ」
※寸鉄録(1606)「過ちを宥むるには大とするなく、故あるを刑するには小とするなし」
② ある人の行為について、それを憤慨している他の人の心を穏やかにするように計らう。とりなす。調停する。
※東大寺本大般涅槃経平安後期点(1050頃)一九「意を寛(ナタメ)て愁ふること莫れ」
※平家(13C前)四「太政入道やうやうになだめ給へば、山門の大衆しづまりぬ」
③ 人の心・精神状態などを穏やかな状態にする。和らげる。静める。
※大唐西域記長寛元年点(1163)五「世尊慰(ナダメ)て曰く、教化労(いたづ)けるかな」
※あらくれ(1915)〈徳田秋声〉一四「何かぶつくさ言ってゐる母親を和(ナダ)めてゐるらしかったが」
④ 物事を、和らげて整える。
梁塵秘抄口伝集(12C後)一〇「娑羅林も習ひたるままになだむる所無くて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宥の関連情報