コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大目 オオメ

デジタル大辞泉の解説

おお‐め〔おほ‐〕【大目】

[名・形動]
大きい目。
200匁(750グラム)を1斤とする量り方。
細部にこだわらず大ざっぱに見ること。寛大に扱うこと。また、そのさま。
「如何に優しい―な政府でも」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大目の言及

【台目】より

…利休の時代には台目という語は普及していなかったので,~畳台目は~畳半と称していたようである。また当初は大目と書かれるのが通例であったが,その成立や性格が台子と関係が深いところから,現在では台目と書かれる。この台目畳を用いて出炉に切ることを台目切という。…

※「大目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大目の関連キーワード重箱の隅は杓子で払えキリシタン屋敷松平信敏(2)闕所物奉行目褄を忍ぶ五手掛かり遠山金四郎功罪相償う軍の三奉行日下部遠藤此処は一つ高木守勝黒川正直奥村六石小南五郎宗門改役池田政倫高木守久筒井政憲池田長溥

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大目の関連情報