大目(読み)オオメ

デジタル大辞泉の解説

おお‐め〔おほ‐〕【大目】

[名・形動]
大きい目。
200匁(750グラム)を1斤とする量り方。
細部にこだわらず大ざっぱに見ること。寛大に扱うこと。また、そのさま。
「如何に優しい―な政府でも」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おおき‐め おほき‥【大目】

〘形動〙 (「め」は接尾語) 嵩(かさ)、形、音などが比較的大きいこと。
※黒猫(1930)〈龍胆寺雄〉一「やや大きめな爆音が轟然と地面を揺るがして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大目の言及

【台目】より

…利休の時代には台目という語は普及していなかったので,~畳台目は~畳半と称していたようである。また当初は大目と書かれるのが通例であったが,その成立や性格が台子と関係が深いところから,現在では台目と書かれる。この台目畳を用いて出炉に切ることを台目切という。…

※「大目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大目の関連情報