コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮下純一 みやした じゅんいち

2件 の用語解説(宮下純一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮下純一 みやした-じゅんいち

1983- 平成時代の水泳選手。
昭和58年10月17日生まれ。種目は背泳ぎ。平成18年アジア大会100mで優勝。20年ジャパンオープン50mを25秒26の日本新記録で優勝。同年北京五輪100mで8位入賞(準決勝で53秒69の日本新),4×100mメドレーリレーでは銅メダルを獲得した。五輪後引退してタレントに転向(ホリプロ所属)。鹿児島県出身。筑波大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

宮下 純一


芸名
宮下 純一

性別
男性

生年月日
1983/10/17

星座
てんびん座

干支
亥年

血液型
B

出身地
鹿児島

身長
183cm

体重
74kg

ブログタイトル
宮下純一オフィシャルブログ

ブログURL
http://ameblo.jp/2008beijing/

職種
スポーツ

プロフィール
鹿児島県鹿児島市出身。北京オリンピック競泳メダリスト。5歳から水泳をはじめ、9歳のとき当時のコーチに才能を見い出され背泳ぎの選手となる。鹿児島県立甲南高等学校から筑波大学に進学。体育専門学郡で学び、中高教員免許を取得。2008年3月同大を卒業後、ホリプロ入社。同年4月、日本選手権で北京オリンピック100メートル背泳ぎ代表に初選考され、8月北京オリンピック競泳男子100メートル背泳ぎ準決勝で53.69秒のアジア・日本新記録を樹立、決勝8位入賞。同400メートルメドレーリレーでは北島康介藤井拓郎佐藤久佳選手とともに日本チームの第1泳者として、銅メダルを獲得。2008年10月、現役を引退。その後は、水泳・スポーツの美と感動、アスリートという人間の心のドラマストーリーを伝えられるスポーツ・コメンテーターを志す。主な出演作にNHKあさイチ』、CM『永谷園「新すし太郎」』シリーズなどがある。

代表作品
CM『永谷園「新すし太郎」シリーズ』 / NHK『あさイチ』 / BS日テレ『絶景・世界自然7ワンダーズ』(2013)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮下純一の関連キーワード純一純一無雑宮下宮下町信多純一高橋純一橘純一野村純一松村純一御厨純一

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮下純一の関連情報