宮入 行平(読み)ミヤイリ ユキヒラ

  • 宮入 行平 (みやいり ゆきひら)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の刀匠



生年
大正2(1913)年3月17日

没年
昭和52(1977)年11月24日

出生地
長野県埴科郡坂城町

本名
宮入 堅一

別名
旧名=宮入 昭平(ミヤイリ アキヒラ)

学歴〔年〕
坂城町高小〔大正15年〕卒

主な受賞名〔年〕
新作日本刀展総裁名誉賞(第5回)〔昭和15年〕,作刀技術発表会特賞(第1回〜5回)〔昭和30〜35年〕,信毎文化賞〔昭和31年〕,坂城町名誉町民章〔昭和37年〕

経歴
若いころから作刀を志望、昭和12年24歳で上京し、赤坂の栗原彦三郎の日本刀鍛錬伝習所に入門。持前の研究熱心から、古い兜からに至るまでの地鉄(じがね)の材料を分析しては自家製鋼法を編み出し、古名刀に似た美しさと迫力のある数多くの作品を発表した。25年第59回伊勢神宮式年遷宮御神宝の神刀を制作、以後第60、61回用も制作。他に靖国神社、東郷神社の太刀、常睦宮華子妃殿下の守り刀などの傑作を残している。38年人間国宝。著書に「刀匠一代」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1913年3月17日
昭和時代の刀工
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮入 行平の関連情報