コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持(ち)前 モチマエ

デジタル大辞泉の解説

もち‐まえ〔‐まへ〕【持(ち)前】

その身にもともと備わっているもの。生まれつきのもの。「持ち前の美声」「持ち前のねばりを発揮する」
各自が所有している部分。また、担当している仕事や役割などの範囲。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

持(ち)前の関連キーワードEXILENESMITH京山 幸枝(1代目)京山 幸枝(初代)宮入 行平梨元 勝スアレス横井時敬荒井洸子然すれば今井聖弓本態範疇

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

持(ち)前の関連情報