宮崎 虎一(読み)ミヤザキ トライチ

20世紀日本人名事典の解説

宮崎 虎一
ミヤザキ トライチ

大正・昭和期の金属工学者 東京帝国大学教授。



生年
明治17(1884)年9月

没年
昭和7(1932)年5月12日

出身地
香川県丸亀

学歴〔年〕
東京帝大工科大学採鉱冶金学科〔明治41年〕卒,東京帝大大学院

学位〔年〕
工学博士〔大正9年〕

経歴
明治41年東京帝大工科大学を卒業して大学院に入学、非鉄冶金に関する研究を行い、翌42年母校の助教授となる。大正5年欧米に留学、冶金学を研究し、7年帰国。9年同大教授となり、冶金学第2講座を担当した。電気冶金学、特に亜鉛・錫など非鉄金属の冶金に関する造詣が深かった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android