コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎医科大学 みやざきいかだいがく

デジタル大辞泉の解説

みやざき‐いかだいがく〔‐イクワダイガク〕【宮崎医科大学】

宮崎県清武町(現宮崎市)にあった国立大学。昭和49年(1974)設置。平成15年(2003)宮崎大学と統合し、宮崎大学医学部となる。→宮崎大学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮崎医科大学
みやざきいかだいがく

1974年(昭和49)設置の国立大学。現、宮崎大学医学部。宮崎県下唯一の医科大学として、臨床医、医学研究者の養成と地域医療への寄与を目的として宮崎郡清武(きよたけ)町(現、宮崎市)に設立。1980年には大学院医学研究科(細胞・器官系、生体制御系、生体防衛機構系、環境生態系専攻の博士課程)が設置された。2003年(平成15)10月、宮崎大学と統合された。[馬越 徹]
『宮崎医科大学編・刊『宮崎医科大学20年の歩み 1974~1994』(1994)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宮崎医科大学の関連キーワード清武[町]

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android