コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎郁雨 みやざき いくう

1件 の用語解説(宮崎郁雨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎郁雨 みやざき-いくう

1885-1962 明治-昭和時代の歌人。
明治18年4月5日生まれ。家は函館の味噌醤油(しょうゆ)醸造元。苜蓿(もくしゅく)社同人となり,明治40年北海道にきた石川啄木を知る。啄木の妻の妹と結婚し,物心両面から啄木を援助した。昭和37年3月29日死去。76歳。新潟県出身。函館商業卒。本名は大四郎。歌集に「郁雨歌集」,著作に「函館の砂」など。
【格言など】唯一のわれの遺業となるならん啄木の墓を撫でてさびしむ(「郁雨歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

宮崎郁雨の関連キーワード四賀光子足立公平岩淵百合子岡千里小口みち子近藤梅外鈴木康文高安やす子谷邦夫日原無限

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎郁雨の関連情報