コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎郁雨 みやざき いくう

1件 の用語解説(宮崎郁雨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎郁雨 みやざき-いくう

1885-1962 明治-昭和時代の歌人。
明治18年4月5日生まれ。家は函館の味噌醤油(しょうゆ)醸造元。苜蓿(もくしゅく)社同人となり,明治40年北海道にきた石川啄木を知る。啄木の妻の妹と結婚し,物心両面から啄木を援助した。昭和37年3月29日死去。76歳。新潟県出身。函館商業卒。本名は大四郎。歌集に「郁雨歌集」,著作に「函館の砂」など。
【格言など】唯一のわれの遺業となるならん啄木の墓を撫でてさびしむ(「郁雨歌集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮崎郁雨の関連キーワードみかんぐみ角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎チェコ文学東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎郁雨の関連情報