宮崎郁雨(読み)みやざき いくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎郁雨 みやざき-いくう

1885-1962 明治-昭和時代の歌人。
明治18年4月5日生まれ。家は函館の味噌醤油(しょうゆ)醸造元。苜蓿(もくしゅく)社同人となり,明治40年北海道にきた石川啄木を知る。啄木の妻の妹と結婚し,物心両面から啄木を援助した。昭和37年3月29日死去。76歳。新潟県出身。函館商業卒。本名は大四郎。歌集に「郁雨歌集」,著作に「函館の砂」など。
【格言など】唯一のわれの遺業となるならん啄木の墓を撫でてさびしむ(「郁雨歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android