宮崎 丈二(読み)ミヤザキ ジョウジ

20世紀日本人名事典の解説

宮崎 丈二
ミヤザキ ジョウジ

大正・昭和期の詩人,画家



生年
明治30(1897)年1月6日

没年
昭和45(1970)年3月25日

出生地
千葉県銚子市

学歴〔年〕
専修大学中退

経歴
白樺」の影響をうけて文学に関心を抱く。画家としては大正8年草土社展に入選し、同人となる。9年中川一政らと「詩」を創刊し「冬が来た」「機関車」などを発表。13年「爽やかな空」を刊行。昭和2年「河」を主宰。他の詩集に「太陽の娘」「白猫眠る」「燃える翼」「独坐」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android