宮沢湖(読み)みやざわこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮沢湖
みやざわこ

埼玉県南部、飯能(はんのう)市郊外にある灌漑(かんがい)用貯水池。高麗(こま)丘陵の小谷をせき止め、入間(いるま)川の水を引き込み、入間台地西部の水田を灌漑する目的でつくったもの。満水時の面積12.9ヘクタール、周囲2キロメートル。周辺地域は西武鉄道が買収し、観光地として整備されており、駐車場も完備している。またワカサギが養殖され、釣りの名所となっている。県立奥武蔵(おくむさし)自然公園のうちで奥武蔵自然歩道も通る。西武池袋線飯能駅からバス15分。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮沢湖の関連情報