コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯能市(読み)はんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯能〔市〕
はんのう

埼玉県南部,秩父山地の南東麓に位置し,入間川高麗川の上流域にある市。 1954年市制。 2005年名栗村を編入。中心市街地の飯能は,入間川の谷口に位置し,江戸時代中期から6と 10の日に市が開かれ,穀類,縄,炭,織物,生糸などの交易と,入間川支流の名栗川流域に産する西川材の筏流送の中継地として繁栄。明治以後は,製材業が繊維工業とともに市の工業の中心をなしてきた。近年は電気機械工業が立地。ほかにチャ (茶) ,クリ,ブドウ,野菜栽培や酪農,畜産が行なわれる。東京の首都圏拡大に伴う住宅地化も進行。 JR八高線,西武鉄道,国道 299号線が通る。 1951年市のほぼ全域が奥武蔵県立自然公園に指定,天覧山正丸峠,名栗渓谷,宮沢湖など景勝地が多い。高麗川流域の吾野 (あがの) 地区は観光果樹園経営が盛ん。面積 193.05km2。人口 8万715(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯能市の関連情報