コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入間川 いるまがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入間川
いるまがわ

埼玉県南西部,秩父山地から関東平野を流れる川。荒川の支流。全長 65km。秩父山地の妻坂峠周辺一帯を水源とし,飯能市の東部で関東平野に入り,高麗川,越辺 (おっぺ) 川を合せ,川越市東部で荒川に注ぐ。寛永6 (1629) 年の荒川の瀬替え工事までは,入間川は単独で現在の荒川の流路をとっており,江戸時代は西川材を江戸に送る水路でもあった。飯能より上流部は名栗川といわれ,名栗渓谷は東京近辺のレクリエーション地域。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いるま‐がわ〔‐がは〕【入間川】

埼玉県南部を流れる川。秩父山地妻坂峠付近に源を発し、川越市で荒川に合流。長さ65キロ。上流部は名栗(なぐり)川ともよぶ。
狂言。大名が入間川を渡る際、土地の者の入間詞(ことば)をおもしろがって持ち物を与えてしまうが、最後にそれを逆用してまんまと取り戻す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いるまがわ【入間川】

埼玉県の南西部を流れる荒川最大の支流。全長67.3km,秩父盆地と境する妻坂峠(標高約800m)に源を発する。名栗村を経て飯能市の岩根橋までの上流部は,名栗川と呼ばれていたが,最近は入間川の名で統一されている。上流部は秩父山地の谷間で,杉,ヒノキを中心とする西川材の産地である。それらの植林と伐採,いかだによる飯能への流送は,名栗や原市場などの集落が畑作のかたわら営んできた。飯能市街で山地を離れ,成木川を合わせてからは,茶畑桑畑を交えた広い台地間に連なる沖積平野上を,ほぼ直線状に川越市に向かう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いるまがわ【入間川】

◇ 埼玉県南部を流れる川。荒川の支流。古くは江戸に至る重要な水運路。
狂言の一。大名が入間川を渡るとき、入間の逆言葉さかことばに興味をもち、何某なにがしに数々の所持品を与えるが、最後にその逆言葉を利用して取り返す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕入間川(いるまがわ)


埼玉県南部を流れる川。荒(あら)川最大の支流。外秩父(そとちちぶ)山地の横倉(よこくら)山(標高1197m)東腹に源を発し、南東流して飯能(はんのう)市から北東流、越辺(おっぺ)川を合わせ、川越(かわごえ)市で荒川に注ぐ。1級河川(荒川水系)。延長約51km。1629年(寛永(かんえい)6)の荒川の河道変更で荒川の本流となるまで、下流は現東京都北区岩淵(いわぶち)を経て隅田(すみだ)川に直結していた。飯能市までの上流部は名栗(なぐり)川とも。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

入間川の関連キーワード源義仲・義高埼玉県狭山市川越[市]川島[町]名栗[村]狭山(市)清水 逸平やるまいぞ狭山[市]小手指ヶ原足利基氏方方・旁弓矢八幡渋川敬也罷り出づ加治丘陵安比奈線高麗丘陵太郎冠者黒山温泉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入間川の関連情報