コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西武鉄道 せいぶてつどう

4件 の用語解説(西武鉄道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西武鉄道
せいぶてつどう

私鉄会社。東京都西部から埼玉県にかけ路線展開。1912年設立の武蔵野鉄道を前身とする。1940年多摩湖鉄道を合併,1945年旧西武鉄道,食糧増産を合併して西武農業鉄道と改称,1946年西武鉄道に社名を変更。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいぶ‐てつどう〔‐テツダウ〕【西武鉄道】

東京都と埼玉県に路線をもつ鉄道会社。また、その鉄道。西武新宿・本川越間の西武新宿線、池袋・西武秩父(ちちぶ)間の西武池袋線を中心に営業。明治45年(1912)創立。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

西武鉄道

正式社名「西武鉄道株式会社」。英文社名「SEIBU RAILWAY Co., Ltd.」。陸運業。明治45年(1912)「武蔵野鉄道株式会社」設立。昭和20年(1945)旧「西武鉄道株式会社」と合併し「西武農業鉄道株式会社」に改称。同21年(1946)現在の社名に変更。本社は埼玉県所沢市くすのき台。西武ホールディングス子会社の鉄道会社。池袋線・新宿線を中心に東京都北西部・埼玉県南西部で鉄道路線を展開。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいぶてつどう【西武鉄道】

東京都および埼玉県に176.6km(1995)の営業路線を有する民営鉄道。池袋~吾野(あがの)~西武秩父間の池袋線,西武秩父線と西武新宿~本川越間の新宿線が主体で,ほかに両線から分岐する西武有楽町線,国分寺線,多摩湖線,拝島線などの支線や武蔵境~是政(これまさ)間の多摩川線などから成る。新宿線の前身は1892年創立の川越鉄道(のちの西武鉄道),池袋線の前身は1912年創立の武蔵野鉄道である。両社は45年に合併して西武農業鉄道となり,46年に現社名となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西武鉄道の関連情報