宮英子(読み)みや ひでこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮英子 みや-ひでこ

1917-2015 昭和-平成時代の歌人。
大正6年2月23日生まれ。尾上柴舟(さいしゅう)にまなび,昭和12年「多磨」にはいる。宮柊二(しゅうじ)と結婚。夫の「コスモス創刊に参加し,旧姓の滝口英子の名で編集事務につく。夫没後は本名で発行人をつとめる。平成17年「西域更紗(さらさ)」で詩歌文学館賞。平成27年6月26日死去。98歳。富山県出身。東京女高師(現・お茶の水女子大)卒。歌集に「婦負野」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮英子の関連情報