コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上柴舟 おのえ さいしゅう

百科事典マイペディアの解説

尾上柴舟【おのえさいしゅう】

歌人,書家,国文学者。本名八郎。旧姓北郷。岡山県生れ。東大国文科卒。浅香社に参加し,新詩社の浪漫主義に反対して金子薫園と《叙景詩》を刊行した。また車前草(しゃぜんそう)社を起こし,前田夕暮若山牧水を育てた。
→関連項目落合直文

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上柴舟 おのえ-さいしゅう

1876-1957 明治-昭和時代の歌人,書家。
明治9年8月20日生まれ。あさ香社に参加し,明治35年金子薫園と「叙景詩」を刊行。38年車前草社を結成。前田夕暮,若山牧水らをそだてた。また書を大口鯛二(たいじ)にまなび,「平安朝時代の草仮名の研究」などをあらわした。芸術院会員。昭和32年1月13日死去。80歳。岡山県出身。東京帝大卒。旧姓は北郷。本名は八郎。歌集に「銀鈴」「静夜」など。
【格言など】遠き樹の上なる雲とわが胸とたまたま逢ひぬ静かなる日や(「静夜」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おのえさいしゅう【尾上柴舟】

1876‐1957(明治9‐昭和32)
明治・大正の歌人,国文学者,書家。本名八郎。岡山県生れ。東大国文科卒。東京女高師,学習院などの教授を歴任した。1895年落合直文あさ香社に加わり,革新期の歌壇で活躍。1902年金子薫園と結んで叙景詩運動をおこし,《明星》と対立した。05年車前草社(しやぜんそうしや)を結成,ここから若山牧水,前田夕暮らが育った。歌集《銀鈴》(1904),《静夜》(1907)をへて《永日》(1909)で自然主義的傾向を見せ,《日記の端より》(1913)で〈つけ捨てし野火の烟のあかあかと見えゆく頃ぞ山は悲しき〉など温雅な古典的作風を完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おのえさいしゅう【尾上柴舟】

1876~1957) 歌人・国文学者・書家。岡山県生まれ。本名、八郎。「あさ香社」同人、「車前草しやぜんそう社」などを創立。書道教育にも尽力。歌集「静夜」「永日」「日記の端より」、歌論「短歌滅亡私論」、書論「平安朝時代の草仮名の研究」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾上柴舟
おのえさいしゅう

[生]1876.8.20. 岡山,津山
[没]1957.1.13. 東京
書家,歌人。本名,八郎。第一高等学校を経て 1901年東京大学国文学科卒業。 02年より東京女子高等師範学校で教え,08年学習院教授。 23年文学博士。書は大口鯛二に師事,古筆の理論的研究と実作に努力し,上代様 (じょうだいよう) を再興普及,『粘葉本 (でっちょうぼん) 朗詠集』を基礎とする書風で明治,大正,昭和のかな書道界に大きな地位を築いた。学位論文は『平安朝時代の草仮名の研究』 (1923) 。和歌は落合直文に師事,のち自然主義の影響の濃い歌風を完成。歌集『永日』 (09) ,『竹の葉』 (56) などがある。 37年芸術院会員。 49年より歌会始選者。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾上柴舟
おのえさいしゅう
(1876―1957)

歌人、国文学者、書家。本名八郎。明治9年8月20日岡山県生まれ。東京帝国大学国文科卒業。東京女高師、女子学習院教授などを経た。落合直文(おちあいなおぶみ)の「あさ香社」に参加したが、金子薫園(くんえん)と共編の『叙景詩』(1902)で、当時の『明星(みょうじょう)』的歌風に対抗する叙景歌を主張。1905年(明治38)若山牧水、前田夕暮(ゆうぐれ)らと「車前草社(しゃぜんそうしゃ)」結成。さらに歌誌『車前草』(1911創刊)を経て、14年(大正3)『水甕(みずがめ)』を創刊した。この間、「短歌滅亡私論」(『創作』1910.10)の評論は反響をよんだ。詩歌集『銀鈴』(1904)の浪漫(ろうまん)的な歌風から、日常性、現実性を重んじる、思索的で平明な歌風に移行。『静夜』『永日』『日記の端より』『晴川』など多くの歌集のほか、初期に『ハイネの詩』『金帆』の詩集もある。さらに『評釈新古今和歌集』などの古典研究、歌学に関する著書、『平安朝草仮名の研究』(1923。これにより文学博士)など書道研究があり、書家としては仮名の大家として知られ、芸術院会員となった。昭和32年1月13日没。[武川忠一]
 つけ捨てし野火の烟(けむり)のあかあかと見えゆく頃(ころ)ぞ山はかなしき
『『尾上柴舟全詩歌集』(1968・短歌新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の尾上柴舟の言及

【歌論】より

…そうしたなかで,都合4度にわたる短歌否定論ないしは短歌滅亡論をめぐってのやりとりは,〈時代の詩〉としての問題,〈心〉と〈言葉〉の問題といった古典歌論以来の問題にあらたな角度から照明を当て,加えて西欧詩と日本の詩,伝統と現代,小説と詩といった新しい問題をとり込んで〈歌論〉の領域を広げ,かつ論点を深めたのであった。最初は,《新体詩抄》序(1882)にはじまるそれ,以下,尾上柴舟〈短歌滅亡私論〉(1910),釈迢空(ちようくう)(折口信夫)〈歌の円寂する時〉(1926),そして第2次大戦後の昭和20年代初頭のいわゆる〈第二芸術論〉時代,この4度である。歌の根拠,歌の存在理由を直接に問うたこれらの機会を典型的な場面として,〈歌論〉は文芸評論史のなかで独自の歩みを進めてきたのである。…

※「尾上柴舟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾上柴舟の関連キーワード安永 信一郎久保猪之吉岡野直七郎尾張真之介石井直三郎金沢 種美保科 武子高塩 背山比田井天来書道教育武川忠一岩谷莫哀太田郁郎小泉苳三安田青風服部躬治水町京子中村三郎土肥春岳阿部静枝

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android