コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宴楽/燕楽 エンラク

1件 の用語解説(宴楽/燕楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えん‐らく【宴楽/×燕楽】

酒宴を開いて遊興すること。また、その酒宴・宴会。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宴楽/燕楽の言及

【雅楽】より

…宋代は宮廷で学者が楽議を論じ,音律を改定し勅撰の楽書を編纂した時代であり,陳暘(ちんよう)の《陳暘楽書》,蔡元定の《燕楽書》《律呂新書》などすぐれた理論書が著された。また初唐以来の宴饗楽や中唐以後に胡楽と俗楽が融合してできた新俗楽を燕楽(宴楽)と称して,明確に雅楽と区別するようになった。 異民族の統治する元代(1271‐1368)は新しい雅楽を制定したが,古制を著しく崩す結果となり,雅楽の範囲には入らない俗楽化した宴楽がいっそう栄えた。…

※「宴楽/燕楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone