コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宴楽/燕楽 エンラク

デジタル大辞泉の解説

えん‐らく【宴楽/×燕楽】

酒宴を開いて遊興すること。また、その酒宴・宴会。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宴楽/燕楽の言及

【雅楽】より

…宋代は宮廷で学者が楽議を論じ,音律を改定し勅撰の楽書を編纂した時代であり,陳暘(ちんよう)の《陳暘楽書》,蔡元定の《燕楽書》《律呂新書》などすぐれた理論書が著された。また初唐以来の宴饗楽や中唐以後に胡楽と俗楽が融合してできた新俗楽を燕楽(宴楽)と称して,明確に雅楽と区別するようになった。 異民族の統治する元代(1271‐1368)は新しい雅楽を制定したが,古制を著しく崩す結果となり,雅楽の範囲には入らない俗楽化した宴楽がいっそう栄えた。…

※「宴楽/燕楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宴楽/燕楽の関連キーワード成都揚子山漢墓竜飛御天歌入沢康夫中国音楽最上義俊責め徴る鉅鹿民部遊仙窟捍撥画篳篥造花酒宴銅鈸雅楽燕楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android