コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家の子 イエノコ

デジタル大辞泉の解説

いえ‐の‐こ〔いへ‐〕【家の子】

武家社会で、主家に従属する一族および従者。
㋐平安末期から鎌倉時代にかけて、次男以下の者や庶子などの血縁者で、名跡を継いだ惣領(そうりょう)の支配を受けた者。
㋑(一般の)家臣・従僕。
政界の有力者などがいつでも自分の役に立つように身のまわりに集めておく子分。
その家に生まれた者。同じ家門に属する者。一族。
「天の下奏(まを)したまひし―と選ひ給ひて」〈・八九四〉
良い家柄の子弟。
「舞のさま手づかひなむ―はことなる」〈紅葉賀

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いえのこ【家の子】

由緒正しい一族の家に生まれた子。 「天の下奏したまひし-と選ひたまひて/万葉集 894
高い家柄の子弟。良家の子弟。 「さるべき宮たちの御子ども、-の君たち/源氏 若菜下
代々その家に仕える者。召し使い。家来。従者。 「 -にて、見たてまつりしに/源氏 東屋
平安末期以降、武門で、総領と主従関係を結んだ一族の庶流の者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家の子の関連キーワードラーベンウォルフ聖護院道澄准三后ブロニャール出で交じらふボッケリーニ郎等・郎党久原房之助愛での盛り宇喜多秀家真守(2)家の子郎等藤原為家明珍宗家藤原頼経雲谷等顔河内源氏山崎治頼二条為氏山名煕貴藤原道兼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家の子の関連情報