家尻を切る(読み)ヤジリヲキル

デジタル大辞泉の解説

家尻(やじり)を切・る

家尻のを切って盗みに入る。
「銀(かね)が欲しくば、汚い言ひがけせうより奇麗に家尻切れいやい」〈浄・生玉心中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やじりをきる【家尻を切る】

裏手の壁に穴をあけて盗みにはいる。 倉の-・つたれ/浄瑠璃・卯月の紅葉
男色をする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やじり【家尻】 を 切(き)

盗人が家や蔵などの裏手の壁にをあける。盗みにはいる。
※鵤荘引付‐永正八年(1511)四月一四日「政所之東浦村後家之家へ、盗人屋尻を切て入らんとする処を」
② 男色をする。
※浄瑠璃・孕常盤(1710頃)三「晩の泊りに寝所へ強盗(がんだう)打って、夜尻(ヤジリ)きってくれふぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android