寝所(読み)シンジョ

デジタル大辞泉の解説

しん‐じょ【寝所】

寝る部屋。寝室

ね‐ど【寝所】

寝床。寝所(しんじょ)。
「安太多良(あだたら)の嶺(ね)に伏す鹿猪(しし)のありつつも我(あれ)は至らむ―な去りそね」〈・三四二八〉

ね‐どこ【寝所】

寝るための場所。寝所(しんじょ)。

ね‐どころ【寝所】

寝る場所。「今夜の寝所を定める」
ねぐら。巣。
「烏の―へ行くとて」〈・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんじょ【寝所】

寝る所。寝るための部屋。寝室。

ねど【寝所】

寝場所。ねどころ。 「我あれは至らむ-な去りそね/万葉集 3428

ねどこ【寝所】

寝るところ。寝間。寝所しんじよ

ねどころ【寝所】

寝るところ。また、寝床。 「 -を定める」 「 -とおぼしき所に、五位入て寝んとするに/宇治拾遺 1
ねぐら。 「烏の-へ行くとて/枕草子 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の寝所の言及

【住居】より

…つまりそこは外に向かって開かれた場所といえる。伝統的には男性の多くが,家族のいる〈ビレック〉という居室ではなく,夜このルアイに休んできたし,男性客が泊まる場合もルアイが寝所となる。このように接客空間ルアイが内と外のはざまにあって,両義性を体現しているのである。…

※「寝所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寝所の関連情報