コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家尻切り ヤジリキリ

2件 の用語解説(家尻切りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やじり‐きり【家尻切り】

家・土蔵の後壁を切って侵入し盗みを働くこと。また、その盗賊。
「盗賊(おおどろぼう)が―のすてきな材料にもなりしと聞く」〈逍遥当世書生気質

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やじりきり【家尻切り】

盗みにはいるために家や蔵の後壁を切ること。また、その盗賊。 「段々に巾着切から-/浄瑠璃・冥途の飛脚
他人をののしっていう語。 「やい狸め。狐め。-め/浄瑠璃・天の網島

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone