家屋税事件(読み)かおくぜいじけん(英語表記)House Tax Case

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家屋税事件
かおくぜいじけん
House Tax Case

日本の外国人居留地の借地上に建てられた外国人家屋への課税について日本とイギリスなどとの間で争われた事件。 1894年の条約改正以前の日本は外国人に直接税を課すことはなかったが,条約改正により治外法権が消滅した結果,1901年外国人居留地内で認められていた永代借地上の建築物に対して課税することになった。諸国はこれを条約違反であると抗議し,02年,日本とイギリス,ドイツ,フランスはこの家屋税をめぐって常設仲裁裁判所で争ったが,05年の判決は,永代借地とその上の家屋の不可分性を理由に家屋税の免除を認め,日本側は敗れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android