コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家屋税 カオクゼイ

4件 の用語解説(家屋税の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かおく‐ぜい〔カヲク‐〕【家屋税】

家屋を課税物件として、その所有者に賦課されていた租税。昭和25年(1950)の税制改革によって市町村税固定資産税に吸収され、時価を課税標準とする一種の財産税に変わった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

家屋税【かおくぜい】

一般に,家屋の所有,利用による収益を税源とし,その所有者に対し家屋の賃貸価格または時価を課税標準として課する税。日本の現行の税制では,土地に対する同様な税(地租)とともに固定資産税に含まれ,家屋の時価を課税標準としている。
→関連項目収益税

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かおくぜい【家屋税】

家屋を保有する住民に対し家屋を対象に課せられる税で物税である。ヨーロッパでは,15世紀前半の英仏百年戦争の時期に,イギリスの都市および農村の全家屋所有者住民に課す家屋税が創設されている。またルイ14世治下の1645年,家屋税新設に際してパリ城外区民衆が反対運動を起こしたように,フランスドイツなどの都市部でも早くからみられた。この税は,各国で近代税制にもひきつがれた。日本の家屋税は,江戸時代にも小間割,間口割などその原型とみられるものがあったが,1882年に戸数割の代替税として地方税として設けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かおくぜい【家屋税】

家屋に課せられた税。固定資産税の前身。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の家屋税の言及

【固定資産税】より

…明治維新後は地租が国税の中枢となったが,地方公共団体もこれに大きな付加税を課していた。家屋に対する課税も1882年以来地方税として重要な財源となっており,当時の地租家屋税の課税標準は賃貸価格であった。第2次大戦後シャウプ勧告を契機として行われた1950年の地方税制度の根本的改革にともなって,旧来の地租および家屋税は廃止された。…

※「家屋税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家屋税の関連キーワード家屋文鏡家屋敷家屋抱え屋敷構営店貸し家大工家屋台帳在庫金利

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家屋税の関連情報