コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家庭用電気機器産業 かていようでんきききさんぎょうdomestic electric appliance industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家庭用電気機器産業
かていようでんきききさんぎょう
domestic electric appliance industry

家庭用電気機器の生産,販売を目的とする電気機器産業の一分野。家電製品はその技術特性から電気をエネルギーとして利用する洗濯機,冷蔵庫,エアコンディショナなどの家庭用電気機械と,電子を情報伝達・制御に利用するテレビ,ビデオテープデッキ,CDプレーヤなどの家庭用電子機器に大別される。日本においては第2次世界大戦後,特に 1950年代後半から 1960年代前半にかけて飛躍的な発展を遂げ,1970年代には電気機械産業全体の生産の約半分を占める勢いをみせ,また輸出産業としても好調であった。しかし石油危機以降,特に 1970年代後半には成長期から成熟期を迎え,市場の成熟による冷え込み貿易摩擦などの諸問題をかかえることとなった。その対策として企業は成長商品の開発,製品の高付加価値化,非家電分野への参入,海外生産,生産における合理化省力化などを積極的に進めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家庭用電気機器産業の関連キーワード家庭用電気機器

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android