発作(読み)ほっさ(英語表記)stroke

翻訳|stroke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「発作」の解説

発作
ほっさ
stroke

脳卒中てんかん,ある種の麻痺のように,突然に来襲,あるいは再発する症状をいう。原因は各種あり,症状もさまざまであるが,普通は本人の意識の清明は期待できないから,その場に居合せた人は応急処置をとることが要求される。原則としてはその位置で安静に寝かせて衣服をゆるめ,場合によってはを噛まないための処置 (などを噛ませる) などをとる必要がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「発作」の解説

ほっ‐さ【発作】

〘名〙 急に物事が起こること。また、ある動きをひき起こすこと。特に、病気の症状が突発的に起こること。多く習慣性、反復性のものをさす。喘息発作、てんかん発作、卒中発作など。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉三「右膝にを得て、時々発作しければ」 〔史記‐楽書〕

はっ‐さ【発作】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発作」の解説

ほっ‐さ【発作】

[名](スル)病気の症状が急激に起こること。ふつう短時間でおさまる。
「右膝に疾を得て、時々―しければ」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「発作」の解説

【発作】はつさ・ほつさ

急に起こる。陸亀〔甫里先生伝〕先生、性悁(けんきう)、事にうて發作し、輒(すなは)ち含せず。(つ)いで復(ま)た之れをゆ。

字通「発」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android