コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族経営協定 かぞくけいえいきょうてい

知恵蔵の解説

家族経営協定

農家における家族員の平等な経営参画を保障するため、家族員相互間での話し合いによって合意されるルール協定の内容は各農家で異なる。農業経営に関わる労働時間、労働報酬、経営委譲に関するもの、生活経営に関する家事労働家計費資産の譲渡相続に関するもの、など。

(上村協子 東京家政学院大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

農林水産関係用語集の解説

家族経営協定

農業経営に参画する個人の地位及び役割を明確化し、その意欲能力を十分に発揮できるようにするため、経営の方針や家族一人ひとりの役割、働きやすい環境づくりなどについて家族みんなの話し合いにより取り決めるもの。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

かぞくけいえいきょうてい【家族経営協定】

農家において経営主たる親と後継者たる子との間で、経営・報酬、財産の承継や親の老後の扶養などを内容として締結される契約。親子契約。父子契約。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家族経営協定の関連キーワード親子契約父子契約農村問題契約農業後継者扶養承継

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android