寂天(読み)じゃくてん(英語表記)Śāntideva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寂天
じゃくてん
Śāntideva

[生]650頃
[没]750頃
インドの学匠で,仏教の中観派に属する。主著『さとりの行への入門』 Bodhicaryāvatāra (漢訳名『菩提行経』) ,『学道集成』 Śiksāsamuccaya (漢訳名『大乗集菩薩学論』) ,『諸経文の集成』 Sūtrasamuccaya (漢訳名『大乗宝要義論』) 。『さとりの行への入門』は,人々に対する徹底した奉仕の行いを強調した,文学の香り豊かな詩篇である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android