学道(読み)ガクドウ

デジタル大辞泉の解説

がく‐どう〔‐ダウ〕【学道】

仏道を学び修行すること。また、学問の道。
「連歌に限らず、―はただただ人に物を問ひ給へ」〈仮・竹斎・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がくどう【学道】

仏道の修行。
学問の道。 「 -はただ〱人に物を問ひ給へ/仮名草子・竹斎」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がく‐どう ‥ダウ【学道】

〘名〙
① (━する) 道を修行すること。学問の道。
※中右記‐天永二年(1111)八月二八日「是為悦夜前禅師所作優美也、為学道面目之事也」
※正法眼蔵(1231‐53)栢樹子「六十一歳にして、はじめて発心し、いへをいでて学道す」
② 寺院で学問を専らにする僧侶。学侶。学衆。
※三箇院家抄(1469頃)四「訓英〈戒二十二、年卅七、于時学道中臈〉」
③ 高野山で行なわれる論講の式典。また、それに参加する人。勧学院学道ともいう。
※高野山文書‐文祿四年(1595)一一月二三日・興山上人応其書状「学道之儀、御衆中第一之為規摸之条、勿論候処」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学道の関連情報