コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂忍 じゃくにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂忍 じゃくにん

?-? 鎌倉時代の連歌師,僧。
寛元4年(1246)の法勝寺花下(はなのもと)の会などに出席し,花下連歌の代表的作者にあげられる。「菟玖波(つくば)集」に18句がのる。和歌にもすぐれ,「厳島社頭和歌」に1首,「人家(じんか)和歌集」に3首がとられている。俗名は藤原有季。通称は太郎左衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寂忍の関連キーワード千光寺(兵庫県)良敏(1)中原親能連歌師先山連歌

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android