コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄席文字 よせもじ

大辞林 第三版の解説

よせもじ【寄席文字】

寄席の看板やめくりなどに使われる書体。客の大入りを願って、隙間のないように、太く書く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の寄席文字の言及

【レタリング】より

…これは書き手の親しさや温かさなどの特徴がそのまま文字に表れる。また,歌舞伎の看板に使われる勘亭流(かんていりゆう)や相撲の力士名を表す相撲文字,寄席の題名や芸名を表す寄席文字などの江戸時代に創作されたものを江戸文字といい,これらもフリーハンドレタリングに含めることができる。道路上に書かれる標示文字のうち〈型〉(文字の形にくりぬいた板など)を使って書(描)かれたものの類をステンシルと呼ぶ。…

※「寄席文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寄席文字の関連キーワード古今亭 右朝レタリング橘 右近橘右近桂米平大入り看板書体寄席隙間

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄席文字の関連情報