コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捲り マクリ

デジタル大辞泉の解説

まくり【×捲り】

まくること。めくり上げること。「腕捲り
屏風(びょうぶ)・ふすまなどにはってあった書画をはがしたもの。また、表装しないでおいてある書画。
競輪で、外側からコースの傾斜を利して激しく追い込む走法

めくり【×捲り】

めくること。めくるもの。「日捲り
寄席などで、演者名や演目名を書いて高座の袖の台に下げておく紙。番組の進行に合わせてめくっていく。
捲りカルタ」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まくり【捲り】

まくること。めくること。
屛風や襖ふすまにはってあった書画をはがしたもの。また、表装せずにおいてある書画。

めくり【捲り】

めくること。めくるもの。 「日-」
寄席などで演者名を書いて舞台に下げておく紙。一人が終わるごとにめくって次の演者名を示す。
「めくりカルタ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

捲りの関連キーワード日捲りふすま(麩)総捲り腕捲り高座屏風書画寄席

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android