寄(り)相撲(読み)ヨリズモウ

デジタル大辞泉の解説

より‐ずもう〔‐ずまふ〕【寄(り)相撲】

勧進相撲などで、よそから来た者にも飛び入りでとらせる相撲。
相撲で、四つに組んで寄り合う相撲。寄り。また、それを得意とする力士。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

よせ‐ずもう ‥ずまふ【寄相撲】

雑俳・住吉みやげ(1708)「寄相撲くら掛にするこって牛」

より‐ずもう ‥ずまふ【寄相撲】

〘名〙
① 勧進相撲などで、よそから来た者にも飛び入りでとらせる相撲。勧進元の側を勧進方、飛び入りの側を寄り方という。《季・秋》
※俳諧・一本草(1669)四「とればうしとらぬや年のより相撲〈未永〉」
② 四つに組んで寄り合う相撲。寄り。また、寄りを得意とする相撲。
※雑俳・笠付控本(1858)「つつみには・きてはづんだるより角力

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android