コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密度躍層 みつどやくそうpycnocline

海の事典の解説

密度躍層

海洋の物理学的特性の一つは、その著しい成層構造にあり、海水の密度は深さと共に増大していく。この密度の分布において、特にその鉛直勾配の大きな層を密 度躍層と呼ぶ。中緯度においては、主水温躍層にともなう密度躍層が顕著である。海洋の力学的なモデルとして、この密度躍層を境に海洋を上下に分けて考察す る二層モデルが、よく用いられる。亜寒帯海域では、塩分躍層にともなう密度躍層が重要となる。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みつど‐やくそう【密度躍層】

海洋や湖において、ある深度を境に密度が急激に変化する層。ピクノクライン。→躍層

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

密度躍層の関連キーワード水温躍層晶氷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android