コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密教両部大経感得図 みっきょうりょうぶだいきょうかんとくず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

密教両部大経感得図
みっきょうりょうぶだいきょうかんとくず

密教の二大根本経典である『大日経』と『金剛頂経』をそれぞれ善無畏龍猛が感得する場面を描いた2幅1セットの説話図。藤田美術館蔵。絹本着色2幅。明治初めに廃寺となった大和内山永久寺真言堂の一連の障子絵の一つにあたり,保延2 (1136) 年,宮廷絵師藤原宗弘の筆に成ることが近年明らかにされた。仏教的な主題を唐絵の伝統で描きながら,説話の舞台となった山水風景などには,当時のやまと絵風景画の様相もうかがわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android