コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐絵 からえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐絵
からえ

広義には中国絵画のこと。語義用法は時代的に変遷し,平安~鎌倉時代前半まではやまと絵する言葉として用いられ,中国的画題描法の絵画をもさした。鎌倉時代後半期からは,舶載宋元画を新たに唐絵と呼び,さらにその影響を受けた日本画,特に水墨画にも適用された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

から‐え〔‐ヱ〕【唐絵】

本来は、中国伝来の絵画および日本で中国の事物を画題とした絵画。大和絵(やまとえ)に対していう。鎌倉後期からは、宋元画およびその影響による新様式の日本画をもさした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

唐絵【からえ】

時代により概念が変遷し,平安時代には中国から舶載された絵,または中国風の主題をもつ日本の絵で大和絵の対。鎌倉時代では中国の宋元画,または日本の宋元画風の水墨画
→関連項目巨勢金岡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

からえ【唐絵】

平安時代以来,江戸時代にいたるまで用いられた絵画用語。本来は中国から輸入された物産・工芸品を唐物というのに対応して,中国渡来の絵画をさす言葉と思われるが,その用法は,各時代によって微妙に異なっている。平安時代においては,9世紀の後半から,それまで中国の風物のみを描いていた障屛画に日本の風景,風俗が描かれるようになると,それまでの中国的画題による障屛画との区別の必要が生じ,前者を倭絵(やまとえ),後者を唐絵と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

からえ【唐絵】

中国から伝わった絵。初めは中国人の描いたものをいったが、のち、それを模して日本人が中国の風物を題材として描いたものをもさした。鎌倉・室町期には中国伝来の宋元の水墨画をいったが、その影響を受けた日本画をもいうようになった。 ↔ 大和絵やまとえ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐絵
からえ

中国の絵画およびこれに倣って日本で制作された絵の呼称。平安時代中ごろより、日本ではそれまでの中国文化の影響を脱し独自の和風文化が形成されたが、絵画においても日本的な「大和絵(やまとえ)」が描かれるようになった。これに対して、中国からの舶載画や、日本で制作されたものでも中国的な絵画を「唐絵」とよんだ。ただし、両者の区別は画風によるものではなく、扱う題材によるものであった。すなわち、日本的な題材を扱えば大和絵、中国的な題材を扱えば唐絵とよばれた。唐絵という呼称のもっとも早い例は、『北山抄』に引用された寛平(かんぴょう)年間(889~898)ごろ成立の『蔵人式(くろうどしき)』にみられる。唐絵は大和絵とともに鎌倉時代前期まで制作され続けたが、鎌倉後期に入り宋元(そうげん)絵画の舶載が盛んになると、唐絵はこれら新画風の宋元絵画や、さらにこの画風に倣って日本で制作された絵画の呼称としておもに用いられるようになった。なお、このような新画風の絵画は「漢画」ともよばれる。[加藤悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の唐絵の言及

【障屛画】より

…この唐朝宮殿の巨障高壁絵画を倣った日本の宮廷絵画の制は,現在の京都御所に継承されている。このような中国的画題の障屛画は〈唐絵〉とよばれ,儀礼空間の意味づけに重要な役割をはたした。さらに中国の詩文集を典拠に《文選(もんぜん)》《楽府(がふ)》《長恨歌》などの屛風がさかんに制作され,それら屛風絵を題材にして詩作が試みられ,絵画の芸術的享受を促した。…

【やまと絵】より


[古代]
 奈良時代に中国から新しい絵画の様式と技法が移入されると,もっぱら中国画の習熟につとめ,奈良~平安初期には,主題も賢人聖人を描いた〈賢聖障子(けんじようのしようじ)〉,史書や仏典に由来する物語図の〈荒海(あらうみ)障子〉〈昆明池(こんめいち)障子〉などに限られていた。しかし9世紀後半ころから日本(倭,やまと)の風景や風俗を描くことが始まると,これをやまと絵と呼び,前者をその反対概念である唐絵(からえ)として両者を区別した。〈やまと絵〉という言葉は,長保元年(999)の《権記》にみえる藤原彰子入内のため調えられた飛鳥部常則画の〈倭絵四尺屛風〉を初出として平安時代に10余例が知られる。…

※「唐絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唐絵の関連キーワードカラマツ(落葉松∥唐松)密教両部大経感得図君台観左右帳記天王寺屋道叱大和絵・倭絵大嘗会屏風広渡一湖三浦梧門石崎元徳荒木元融東山御物荒木千洲山上宗二渡辺秀石山水屏風荒木如元渡辺秀実上杉桂翁石崎融思巨勢公忠

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐絵の関連情報