富久長(ふくちょう)

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ふくちょう【富久長】

広島の日本酒。蔵のある東広島市安芸津町は軟水による醸造法を確立した三浦仙三郎の出身地。酒名は、その仙三郎翁による命名。すべて特定名称酒で、純米吟醸酒が中心。「妙花風」は幻の酒米・八反草を復活させ、30%まで磨き上げて仕込む純米大吟醸酒。平成2、9年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。蔵元の「今田酒造本店」は明治元年(1868)創業。所在地は東広島市安芸津町三津。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android