三浦仙三郎(読み)みうら せんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦仙三郎 みうら-せんざぶろう

1847-1908 明治時代の酒造家。
弘化(こうか)4年1月22日生まれ。明治9年郷里の広島県三津村(安芸津(あきつ)町)で酒造業をはじめる。31年軟水に適した改良醸造法を考案し,同年「改醸法実践録」を発刊してその普及をはかる。杜氏(とうじ)の養成にも力をつくした。明治41年8月15日死去。62歳。初名は源作。号は翠石。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android