コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富取益斎 とみとり えきさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富取益斎 とみとり-えきさい

?-1822 江戸時代後期の篆刻(てんこく)家。
越後(えちご)(新潟県)の人。医師だったが,のち京都四条高倉西にすみ,印章学に通じた。文政5年2月死去。名は鴻。字(あざな)は公範。著作に「印章備正」「印章概説」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富取益斎の関連キーワード宇田川榕菴グラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android