富岡 定恭(読み)トミオカ サダヤス

20世紀日本人名事典の解説

富岡 定恭
トミオカ サダヤス

明治・大正期の海軍中将,男爵



生年
嘉永7年11月5日(1854年)

没年
大正6(1917)年7月1日

出生地
信濃国松代(長野県松代町)

学歴〔年〕
海軍兵学寮〔明治9年〕卒

経歴
幕末、信濃松代藩士としてフランス語や西洋式兵学を修める。明治9年に海軍兵学寮を卒業したのちイギリスの軍艦に乗船し、士官教程や砲術を学んだ。11年より海軍兵学校に勤務し、水雷・砲術関係の専門家として活躍、18年には夜間信号灯を考案した。19年艦政局兵器課に転じ、20年にヨーロッパへ出張して軍艦用32インチ砲の注文と兵器調査に従事。日清戦争に際しては「厳島」副長・「龍田」艦長として威海衛作戦などで戦功を立て、戦後は「八雲」「敷島」各艦長や軍令部第一局長を経て36年海軍兵学校校長に就任。40年には海軍中将に昇進、次いで男爵となり、41年からは旅順鎮守府司令長官を務めた。44年に予備役編入。著書に「水雷新論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android