コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富島瑞峰 とみしま ずいほう

1件 の用語解説(富島瑞峰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富島瑞峰 とみしま-ずいほう

1631-1711 江戸時代前期-中期の書家。
寛永8年生まれ。摂津西成郡(大阪府)三番村の村役人。寛永三筆のひとり松花堂昭乗(しょうかどう-しょうじょう)の弟子藤田友閑(ゆうかん)にまなんだ。宝永8年3月12日死去。81歳。名は林品。通称は左近右衛門。号は友雲翁。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富島瑞峰の関連キーワードカルヴァリョ浮世草子本多忠政佩文韻府秋山角左衛門御当家令条正徳会津農書インバウンド飯豊山地

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone