コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田幸七 とみた こうしち

1件 の用語解説(富田幸七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田幸七 とみた-こうしち

1854-1910 明治時代の蒔絵(まきえ)師。
安政元年生まれ。山本武光にまなぶ。京都奨美会依頼により制作した作品は博覧会などで好評を博し,宮内省買い上げとなった。明治34年京都市立美術工芸学校教諭。明治43年死去。57歳。京都出身。旧姓は奥村。作品に「名取川蒔絵硯箱」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

富田幸七の関連キーワード御物蒔絵時代蒔絵地蒔き春正蒔絵青山勘四郎上田喜三郎梶山重次郎栗本阿波治五右衛門(11代)清水嘉門

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富田幸七の関連情報