コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田幸七 とみた こうしち

1件 の用語解説(富田幸七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田幸七 とみた-こうしち

1854-1910 明治時代の蒔絵(まきえ)師。
安政元年生まれ。山本武光にまなぶ。京都奨美会依頼により制作した作品は博覧会などで好評を博し,宮内省買い上げとなった。明治34年京都市立美術工芸学校教諭。明治43年死去。57歳。京都出身。旧姓は奥村。作品に「名取川蒔絵硯箱」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田幸七の関連キーワード新聞小説安政農民文学アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画安政地震リーマン本間棗軒三木勘兵衛

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富田幸七の関連情報