コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富筋 とみすじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富筋
とみすじ

地歌箏曲の流派名。大阪の地歌箏曲演奏家で,名前の最初に「富」の字のつく派をいう。富筋という独立した流儀はないが,三弦本手としては野川流,箏曲としては継山流を伝承するもので,同じ大阪でも「菊」の字のつく菊筋とは,レパートリーや演奏解釈に相違がある。大阪南地を地盤にしていたので「南派」と呼ばれたこともあった。富沢勾当に始まり,その門下の富崎宗順,富永久寿一,富岡福寿一らに分かれて伝承され,富崎の門からは富崎春昇,富永からは富永敬琴らを出したが,敬琴門下の 1世富山清琴は富崎春昇にも師事したので,両系を代表する富筋の中心人物として活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の富筋の言及

【地歌】より

…箏曲化されていない楽曲,あるいは箏の編曲はあっても,三味線の比重の強い楽曲を,狭義の地歌とした場合には,その伝承者は大阪に多いことになる。北派ともいわれる菊の字を姓に含む菊筋の演奏家では,菊原琴治の娘の菊原初子(1899‐ ),南派の富の字を姓に含む富筋の演奏家では,東京に進出した富崎春昇とその門下の富山清琴(1913‐ )が,いずれも人間国宝に指定された。 別に九州にも独自の伝承が行われ,とくに三味線の技巧的発達をくふうするものが多かったが,明治以降に,長谷幸輝(ながたにゆきてる)や,その門下の川瀬里子(1873‐1957)などが東京に移住してからは,東京の生田流箏曲家は,この九州系の地歌三味線家でもある者が主流を占めるに至った。…

※「富筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富筋の関連キーワード富山清琴(2代)富山清琴(1世)富崎 春昇三味線本手富山 清翁富久 春和

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android