富崎宗順(読み)とみざき そうじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富崎宗順 とみざき-そうじゅん

1860-1904 明治時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
万延元年生まれ。富沢勾当(こうとう)に継山(つぐやま)流の箏と野川流の三味線をまなぶ。また菊沢検校(けんぎょう)について繁太夫(しげたゆう)節もおさめる。弟子に富崎春昇がいる。明治37年6月30日死去。45歳。大坂出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富崎宗順の言及

【富崎春昇】より

…文楽の人形遣い吉田玉助の長男。5歳で失明,8歳で大阪富筋の野川流地歌,継山流箏曲家の富崎宗順(1863‐1904)に入門。初め左門と名のり,後に富吉春琴と芸名を許され,師の没後その芸姓を継承,1906年富崎春昇と改名した。…

※「富崎宗順」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android