コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒作里 かんずり

1件 の用語解説(寒作里の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

かんずり【寒作里/寒造里】


塩に漬けたとうがらしを雪にさらしてあくを抜き、塩、麹、ゆずなどを加えて3年程度発酵・熟成させて作る食品。新潟県の特産品。鍋物をはじめうどんや刺身などの薬味、みそ汁、きんぴらなどの調味料として用いる。元来は上越地方に伝わる郷土食品であったが、現在は妙高市の有限会社かんずりの製品が一般に知られ、「かんずり」は同社の登録商標となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒作里の関連キーワード日光唐辛子かんずり南蛮漬初夢漬島唐辛子がん漬シシトウガラシ松浦漬芥子漬けケジャン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone