コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙高市 みょうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙高〔市〕
みょうこう

新潟県南西部にある市。北東部に高田平野,南西部に妙高高原が広がる。南で長野県に接する。 2005年新井市が妙高高原町,妙高村を編入後,妙高市と改称。中心市街地の新井は北国街道と飯山街道との分岐点で,近世には宿場町,市場町として栄えた。 1935年には化学工場が設立され,以来工業が発達。スキー用品の製造工場などもある。平野部では米作が,高原地域ではタバコ高原野菜の栽培が行なわれる。妙高高原一帯は多くの温泉,スキー場があり有名な観光地。天神社の大スギは国の天然記念物。市域の一部は妙高戸隠連山国立公園久比岐県立自然公園に属する。 JR信越本線,国道 18号線が通る。面積 445.63km2。人口 3万3199(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みょうこう‐し〔メウカウ‐〕【妙高市】

妙高

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

妙高市の関連情報