コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒帯砂漠土壌 かんたいさばくどじょうpolar desert soil

岩石学辞典の解説

寒帯砂漠土壌

南極圏および北極圏の両方の地域に見られる土壌で,南極地域では乾燥し低温の優勢な条件で,土壌は有機物の含有量が少なく,塩の風化物が存在し,荒廃した舗装の模様のある土地が特徴である[Birkeland : 1974].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android