コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒枯藺 カンガレイ

デジタル大辞泉の解説

かんがれ‐い〔‐ゐ〕【寒枯×藺】

カヤツリグサ科の多年草湿地沼地に生え、高さ約80センチ。葉は鞘状。夏に褐色の穂をつける。冬に枯れた茎が残る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんがれい【寒枯藺】

カヤツリグサ科の大形多年草。湿地に叢生し、高さ約1メートル。葉は変形して葉鞘ようしようとなる。夏、茎頂に緑色の小穂をつける。冬に枯れた茎が残るのでこの名がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

寒枯藺 (カンガレイ)

学名:Scirpus triangulatus
植物。カヤツリグサ科の抽水性多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

寒枯藺の関連キーワード葉鞘小穂

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android