コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒枯藺 カンガレイ

デジタル大辞泉の解説

かんがれ‐い〔‐ゐ〕【寒枯×藺】

カヤツリグサ科の多年草湿地沼地に生え、高さ約80センチ。葉は鞘状。夏に褐色の穂をつける。冬に枯れた茎が残る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんがれい【寒枯藺】

カヤツリグサ科の大形多年草。湿地に叢生し、高さ約1メートル。葉は変形して葉鞘ようしようとなる。夏、茎頂に緑色の小穂をつける。冬に枯れた茎が残るのでこの名がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

寒枯藺 (カンガレイ)

学名:Scirpus triangulatus
植物。カヤツリグサ科の抽水性多年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

寒枯藺の関連キーワード葉鞘小穂

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android