コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛保2年江戸洪水 かんぽうにねんえどこうずい

世界大百科事典 第2版の解説

かんぽうにねんえどこうずい【寛保2年江戸洪水】

1742年(寛保2)の7月28日から雨が降り続き,8月1日には大風雨が襲い,利根川,荒川水系ともに大洪水となった。江戸では3日夜から7日にかけて増水し,下谷,浅草,本所辺のみで溺死者3900人余に達す。新大橋永代橋,修理中の両国橋橋柱流失。町奉行石河(いしこ)政朝の5日付上申書には,本所清水町鐘撞堂で5~6尺,軒まで浸水した家もあり,同所四ッ目でも5~6尺から7尺とある。減水し始めた8日に再度大風雨が襲来し事態を悪化させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の寛保2年江戸洪水の言及

【荒川】より

… 文字どおりの〈荒れ川〉で,洪水は主として台風性降雨による場合が多く,利根川の洪水とともに埼玉・東京の低地帯に壊滅的な打撃を与えてきた。近世の水害で特に著名なものは寛保2年江戸洪水(1742)で,死者3900余人と伝えられている。秩父郡長瀞町野上下郷には,荒川本流の水位が60尺(約18m)上昇したことを物語る史跡〈寛保洪水位磨崖標〉が残っている。…

※「寛保2年江戸洪水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寛保2年江戸洪水の関連キーワード白河藩ルソー(Jean-Jacques Rousseau)セルシウス度助産所井上士朗ウォルポール火罪紀海音公事方御定書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android