コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷 おおや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大谷
おおや

宮城県北東部,気仙沼市南東部の旧村域。1955年津谷町,小泉村と合体して本吉町となり,2009年気仙沼市に編入大谷金山は,鎌倉時代から知られ,仙台藩時代は藩の重要金山であったが,1955年廃山。大谷海岸は,砂浜の海水浴場として知られ,気仙沼県立自然公園南端を占める。

大谷
おおや

栃木県宇都宮市西部の集落。新第三紀緑色凝灰岩(グリーンタフ)からなる丘陵にあり,建築用軟石材で有名な大谷石を産し,地下 100mをこす採石場もある。大谷寺磨崖仏(国指定特別史跡・重要文化財)は平安時代につくられ,美術史上重要。平和観音像などもあり,付近は宇都宮県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおたに【大谷】[地名]

京都市東山の古地名。現在の知恩院の辺り。本願寺発祥地

おおたに【大谷】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「大谷」姓の人物
大谷句仏(おおたにくぶつ)
大谷光瑞(おおたにこうずい)
大谷竹次郎(おおたにたけじろう)

おおや〔おほや〕【大谷】

栃木県宇都宮市の地名。大谷石を産する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

大谷

正式社名「株式会社大谷」。英文社名「OTANI」。製造業。昭和26年(1951)創業。同41年(1966)「株式会社大谷印房」設立。同44年(1969)現在の社名に変更。本社は新潟市江南区亀田工業団地。印章・ゴム印メーカー。全国に展開する直営小売店舗の受注を本社工場で一括生産。印章売上高は国内トップクラス。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

大辞林 第三版の解説

おおたに【大谷】

京都市東山の一地域。現在の知恩院の位置にあたる。法然の吉水よしみず庵室のあったところ。親鸞の遺骨が安置された本願寺の発祥地。

おおたに【大谷】

姓氏の一。

おおや【大谷】

栃木県宇都宮市の町名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大谷
おおや

栃木県宇都宮市西部の地区。姿(すがた)川沿岸の丘陵の凝灰岩は、土木・建築用の大谷石として採掘され、付近にこの石の建造物が多い。自然の洞窟(どうくつ)の壁面に平安時代の千手(せんじゅ)観音など大谷磨崖仏(まがいぶつ)が浮彫りされ、特別史跡、国指定重要文化財。また高さ27メートルの平和観音、大谷石に関する資料を展示した大谷資料館もある。付近は宇都宮県立自然公園。[奥田 久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大谷の言及

【宇都宮[市]】より

…工業は1984年指定のテクノポリスの主要部,清原工業団地を中心に電気機械,一般機械,食料品,精密機械などが盛んで,県内1位,県の約2割の製造品出荷額(1995)をあげている。市街の西の大谷は土木・建築用の軟質石灰の大谷石(緑色凝灰岩)の産地で,国指定の特別史跡・重要文化財の大谷磨崖仏,大谷寺岩陰遺跡などが存在する宇都宮県立自然公園がある。【奥田 久】
[宇都宮城下]
 下野国の城下町で徳川譜代の有力大名が配置された北関東の要地。…

※「大谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大谷の関連キーワード宮城県気仙沼市本吉町高瀬ヶ森中村仲蔵(江戸系・2代)大谷広右衛門(5代)栃木県宇都宮市大谷町大谷友右衛門(5代)三条勘太郎(4代)大谷広次(4代)栃木県宇都宮市大阪大谷大学中村 公三郎大谷新左衛門札幌大谷大学豊満 春洞土佐清水市大和高田市佐々木月樵稲葉 道意大谷 瑩潤大谷章子同朋新聞

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大谷の関連情報