コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永代橋 えいたいばし

8件 の用語解説(永代橋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永代橋
えいたいばし

隅田川にかかる橋。東京都中央区東部と江東区西部を結ぶ。元禄 11 (1698) 年,徳川綱吉 50歳の賀を祝して架設された。全長 184.7m。文化4 (1807) 年,深川の富岡八幡祭礼時に人波で壊れ,1500名余の死者を出したことは有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えいたい‐ばし【永代橋】

東京都、隅田川に架かる橋の一。中央区新川と江東区永代とを結ぶ。江戸時代赤穂義士引き揚げに通ったことで知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

永代橋【えいたいばし】

東京都中央区新川と江東区深川永代を結ぶ隅田川下流の橋。昭和初期完工の3径間アーチ橋で,長さ185m,幅22m。1698年,現在より北寄りの北新堀〜永代島(佐賀町)に架橋したのが最初。
→関連項目隅田川中央[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

永代橋

古典落語の演目のひとつ。「武兵衛違い」「太兵衛に武兵衛」とも。

永代橋

東京都中央区にある吊り橋。1925年竣工。隅田川に架かる。隅田川震災復興橋梁群の中核的存在。2000年、土木学会により「帝都を飾るツイン・ゲイト」のひとつとして土木遺産に認定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えいたいばし【永代橋】

東京都中央区と江東区の間にあり,江戸以来隅田川にかかる橋。1698年(元禄11)に隅田川の4番目の橋として西側の北新堀から深川佐賀町へ架された。当時の深川辺は永代島と総称されていたため,橋名となった。将軍徳川綱吉が50歳となった記念のために架橋されたといわれ,長さ110間余,幅3間余の公儀入用橋である。橋の南側には諸国からの廻船が停泊し,また春秋2回終身刑の囚人が伊豆七島へ送られる流人船の発着所もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えいたいばし【永代橋】

隅田川の下流にかかる橋。東京都中央区新川と江東区永代の間を結ぶ。最初の架橋は1698年(元禄11)。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永代橋
えいたいばし

東京都中央区新川と江東区永代を結ぶ隅田(すみだ)川の橋。現在の橋は、北方の清洲(きよす)橋とともに、関東大震災後(1926)に完工した耐震耐火の橋で、長さ185.2メートル、幅22メートル。最初の架橋は1698年(元禄11)深川の大渡しにかわって架けられたもので、5代将軍徳川綱吉(つなよし)50歳の賀を祝して永代の名をつけたといわれる。赤穂(あこう)義士が引き揚げのときこの橋を渡ったことで有名である。なお江戸時代は大火のつど焼け落ち、台風禍でもたびたび流失したうえ、1807年(文化4)富岡八幡(とみおかはちまん)の祭礼に未曽有(みぞう)の群衆が出て、重さで橋が破れ、1500人余が隅田川に落ちるという惨事をも起こした。このため幕府は廃橋をも考えたが、地元の人たちの懇願で存続した橋でもある。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永代橋の関連キーワード東京都中央区明石町東京都中央区入船東京都江東区大島東京都中央区勝どき東京都江東区白河東京都中央区新川東京都中央区新富東京都中央区佃東京都江東区常盤東京都中央区湊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永代橋の関連情報