寧謐(読み)ねいひつ

精選版 日本国語大辞典「寧謐」の解説

ねい‐ひつ【寧謐】

〘名〙 (形動) やすらかで静かなこと。おだやかに治まること。また、そのさま。寧静
※玉石志林(1861‐64)三「府中都べて謐にして」 〔北周書‐文帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寧謐」の解説

ねい‐ひつ【寧×謐】

[名・形動]世の中が治まり、おだやかなこと。また、そのさま。「諸国が寧謐な現況」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「寧謐」の解説

【寧謐】ねいひつ

安らかに治まる。張居正〔上師相徐存斎に答ふる書〕今秋防、無く、謐なるは、皆老師の(のこ)せしなり。

字通「寧」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android